カテゴリ: 蔵見学

14日(日)に日帰り山梨蔵見学ツアーに行ってきました。
蔵見学と言ってもビールの蔵元さんです(^^)

覚王山にある名店、Bar CASKの19周年記念ツアーで
山梨にあるブルワリー、アウトサイダーブルーイングへ
行ってきました。

image


覚王山を朝7時に出発の為、6時40分頃には覚王山に到着。
朝5時に寝て5時30分に起きました(^-^;
バスのなかでは爆睡です。
山梨まで4時間、到着する頃には睡眠もバッチリです!

アウトサイダーは思っていたよりも街中にありちょっとビックリ。
1階が醸造所、2階がレストランになっています。

先ずは1階の醸造所で醸造家 丹羽さんに色々説明していただきました。
image


2階のレストランではレギュラー6種類と限定1種の
クラフトビールが楽しめます♪

7種コンプリートしたため、しっかり帰りのバスでも爆睡でした(^^)

アウトサイダーの丹羽さん、
Bar CASKのバーテンダー 伊藤さん
ツアーに参加された皆様
楽しい1日でした。
ありがとうございました。

Bar CASK19周年、おめでとうございます!

image

Bar CASK バーテンダー 伊藤さん

image

丹羽さんと…

今週の日曜日は岐阜県瑞浪にある若葉さんの蔵開きに行ってきました♪

image

image

予約制で入場料500円で試飲は無料のシステム。
漬け物や粕汁も無料で頂けます。
さすがに予約制にしているだけあって蔵の中は
人、人、人の大盛況!
しっかり堪能してきました♪
販売コーナーもあり、もちろん購入してきましたから
是非若葉を当店でもお楽しみください。


帰り道に今回運転手をしてくれた嫁さんたっての希望で
多治見のタイルミュージアムへ。

こんな感じです。
image

image

image


昔は実家にもこんなタイルで出来たものが色々ありましたが
今はなかなかないですよね。
ノスタルジックな気分になりました。


【お知らせ】
来週21日(火)、夜の営業は貸し切りとなります。
よろしくお願いいたしますm(__)m

1月15日に岡崎の丸石醸造さんに蔵見学をさせていただきました。
おばんざい素では二兎や萬歳でお馴染みの酒蔵です。

麹室の見学では菌を持ち込まないように
靴の上から袋のようなものをはいて
みんなこんな感じになっています(^^)
image

image


image

image


タンクの中でお酒が育っています。

image


最後は試飲させてもらい
色々と味を確かめて来ました。

試飲の場所回りに、最新器具が色々あり
片部杜氏が色々説明してくださいました。
僕は工具とか器具とかが好きなので
楽しいひとときでした♪

造りの真っ最中で片部杜氏も1時間しか寝てないらしく
お忙しい中で見学させていただけて感謝、感謝です。
ありがとうございました!

20日(日)に菊鷹でお馴染みの藤市酒造に蔵見学させていただきました。
蔵までは名鉄で国府宮下車、そこから徒歩で20分ほどで到着です。
image

趣のある、歴史を感じさせる建物です。
蔵の中を一周結構自由に見学させていただきました。
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image


今年度の仕込みは終了したとの事で、
普段なかなか見れないような所まで見せてもらい感動!

最後に試飲をしながら杜氏の山本さんとお話させていただきました。
菊鷹に4合ビンがない理由を山本杜氏曰く
「うちのお酒は開けたては美味しくないから、
 1升ビンで2週間くらいかけて味の変化を楽しんで欲しい」とのこと。
開けたてが美味しくないっていうのはご謙遜で十分美味しいです♪
でも、時間の経過でいろんな味の変化を楽しめるお酒なのは間違いないです。
造りがしっかりしている証拠ですね。

image

最後に杜氏の山本さんと・・・・
惜しい!山本さん目閉じちゃってる(((^_^;)

先週末ミツカンミュージアムに行ってきました。
半田市のミツカン本社の隣にあります。
予約制で一回の定員は25名。
アテンドが一人ついて、解説してくれます。
約70分の見学です。
内容はミツカンの歴史、お酢の作り方など。
体験コーナーなどもあり、なかなか興味深い内容でした。
何より施設が立派で、もう少し自由に見学できれば
より良かったのにと思いました。
image

image

image

image

船はお酢を江戸まで運ぶためのもので実物大です!


その後、近くの國盛の「酒の文化館」へ移動。
ここでは日本酒の作り方や説明が聞けます。
一応要予約ですが、してなくても大丈夫みたいです。
image

image

image


最後の写真は昔の酒燗器なのですが
構造的には今の酒燗器と同じで
今では作れる職人さんがいないそうです。

試飲も出来ますので、是非電車でお出掛けください。

↑このページのトップヘ