カテゴリ: 蔵見学

1月15日に岡崎の丸石醸造さんに蔵見学をさせていただきました。
おばんざい素では二兎や萬歳でお馴染みの酒蔵です。

麹室の見学では菌を持ち込まないように
靴の上から袋のようなものをはいて
みんなこんな感じになっています(^^)
image

image


image

image


タンクの中でお酒が育っています。

image


最後は試飲させてもらい
色々と味を確かめて来ました。

試飲の場所回りに、最新器具が色々あり
片部杜氏が色々説明してくださいました。
僕は工具とか器具とかが好きなので
楽しいひとときでした♪

造りの真っ最中で片部杜氏も1時間しか寝てないらしく
お忙しい中で見学させていただけて感謝、感謝です。
ありがとうございました!

20日(日)に菊鷹でお馴染みの藤市酒造に蔵見学させていただきました。
蔵までは名鉄で国府宮下車、そこから徒歩で20分ほどで到着です。
image

趣のある、歴史を感じさせる建物です。
蔵の中を一周結構自由に見学させていただきました。
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image


今年度の仕込みは終了したとの事で、
普段なかなか見れないような所まで見せてもらい感動!

最後に試飲をしながら杜氏の山本さんとお話させていただきました。
菊鷹に4合ビンがない理由を山本杜氏曰く
「うちのお酒は開けたては美味しくないから、
 1升ビンで2週間くらいかけて味の変化を楽しんで欲しい」とのこと。
開けたてが美味しくないっていうのはご謙遜で十分美味しいです♪
でも、時間の経過でいろんな味の変化を楽しめるお酒なのは間違いないです。
造りがしっかりしている証拠ですね。

image

最後に杜氏の山本さんと・・・・
惜しい!山本さん目閉じちゃってる(((^_^;)

先週末ミツカンミュージアムに行ってきました。
半田市のミツカン本社の隣にあります。
予約制で一回の定員は25名。
アテンドが一人ついて、解説してくれます。
約70分の見学です。
内容はミツカンの歴史、お酢の作り方など。
体験コーナーなどもあり、なかなか興味深い内容でした。
何より施設が立派で、もう少し自由に見学できれば
より良かったのにと思いました。
image

image

image

image

船はお酢を江戸まで運ぶためのもので実物大です!


その後、近くの國盛の「酒の文化館」へ移動。
ここでは日本酒の作り方や説明が聞けます。
一応要予約ですが、してなくても大丈夫みたいです。
image

image

image


最後の写真は昔の酒燗器なのですが
構造的には今の酒燗器と同じで
今では作れる職人さんがいないそうです。

試飲も出来ますので、是非電車でお出掛けください。

image

image

美濃加茂市にある津島屋でお馴染みの
御代櫻醸造さんの新酒お披露目会に行ってきました。

初めての蔵見学で、勝手がわからず
キョロキョロしながら挙動不審な感じでしたが、
そこは酒好き、吸い寄せられるように新酒振る舞いのコーナーに
たどり着くことができました(^-^)

image


スペックとしては普通酒なのですが、少しとろみのある
スッキリした絞りたて生原酒です。
隣で飲んでいた女性(見知らぬ方です)が美味しい~と
絶叫しておりました!


空瓶を購入してその場で詰めてもらえる嬉しいサービスも♪
もちろん購入してきました!

その後は有料試飲コーナー「Sakebar みよさくら」へ。
5種類のお酒が楽しめます。
1番から順に楽しんでいると、知人に遭遇。
お酒を順番に楽しみながら、酒談義に浸っていると5番のお酒が完売に!
しまった~飲んでないと騒いでいると、知人が分けてくれました。
感謝、感謝♪  コンプリートです。

その後もおかわりは続き、楽しい時間を過ごせました。

image


さて、ブログを読んでいただいている皆様!
お土産です。
「ブログ読んだよ」って言っていただけたら
絞りたてのこの日しか買えない先程の日本酒、
ぐい飲みサイズで差上げます♪

無くなり次第終了ですのでお早めに~

↑このページのトップヘ